書評

読んだ本の感想

書評

「日本の戦後を知るための12人 池上彰の〈夜間授業〉」を読んでみた

文藝春秋社の「日本の戦後を知るための12人 池上彰の〈夜間授業〉」を読んでみました。 この本は池上彰氏が、文藝春秋西館で行った全10回の講義内容を本にまとめ直したものです。 私はこの本に登場する12人ついて、名前はもちろん知って...
書評

「論語と算盤」を読んだ感想 100年前の教えは今でも通じる

「現代語訳 論語と算盤」を読みました。少し前に中日の根尾選手の愛読書だと話題になっていたので気になっていたのと、渋沢栄一が2021年のNHK大河ドラマの主人公になるということもあり今回読んでみました。 元々「論語と算盤」は、明治から大...
タイトルとURLをコピーしました